2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 気球に乗る | トップページ | 洞窟ホテル »

2011年3月21日 (月)

セマー/旋回舞踊

Cimg0447トルコに行ったら、是非見てみたいと思っていたのが、メヴラーナの旋回舞踊、セマー。

ユネスコの無形文化遺産だ。

トランス状態で、クルクル回るダンス?・・・

くらいしか知らなかったけど、ただ漠然と目の前で見てみたかった。

イスラム教の分派のひとつスーフィー派(スーフィズム) のメヴェレヴィ教団の舞踊で、クルクルと回り続けることが、祈りの手段なのだそうだ。

『全てのものは、回っている。原子の中で電子、陽子は周り、地球は自転し、また惑星も回る。血液も人間の体の中を巡る。自然界、生物は土から生まれ、やがて土に帰る。全てが回転することにより存在する。』

回ることで、神との一体化をはかるという意味合いがあるのだという。

彼らの装束にも、意味がある。
帽子が、墓碑。白い衣装は、死装束。黒い外套を脱ぐことで形あるものから、精神的に解き放たれ、回転をしながら神へと近づいていく。

Cimg0773_2

薄暗い会場内は、始まる前はざわついていた。

明らかに、【ちょっと風変わりなパフォーマンス】を見に来た・・・・とタイプの人が多い。

儀式は静かに始まった。

アラーへの賛辞、打楽器の演奏、ネイ(笛)による演奏と続く。

穏やかで、それでいて独特な空間へとグイグイと引き込んでいく。

続いて、セマーゼン(セマーの踊り手)が、音楽に合わせて決められた型で丸く歩き、礼をする。(この礼は、体に隠された魂が魂にする挨拶を意味する)

P1030262

黒の外套を脱ぎ、セマーの始まり。

右手は上に向け、神からの恩恵を受ける。
左手は下に向け、神を見つめる人々に対して、神から受けた恩恵を分け与えるという意味がある。

首を右に傾け、心臓を軸にしながら、左から右へと回転し続ける。

首を右に傾けるのは、心臓を直接、神(天)に向き合わせるため。 

セマーゼン達は、ただひたすら回り続ける。

P1030265

殆どトランス状態になっているようだ。

私は、いつしかステージに釘付けとなり、呼吸をすることも、まばたきをすることも忘れていた。

(息苦しくなって、我に返ったくらい・・・)

P1030268

物見遊山だった人たちも、固唾をのんで見守っていた。

会場全体が神秘的な緊張感に包まれ、誰もが目に見えない何かを感じ取ろうと集中しているようだった。

最後に、コーランを詠み、祈りを捧げてセレモニーは終わる。

私達が見に行ったのは、カッパドキア滞在中にアヴァノス郊外のSaruhan Exhibition & Culture Center

この独特な空気感は、その場にいないとなかなかわかりにくい。
是非、わざわざ出掛けてでも鑑賞したい。

« 気球に乗る | トップページ | 洞窟ホテル »

旅行・地域」カテゴリの記事

トルコ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、4月にトルコへ行く者です。
兼ねてより憧れの旋回舞踏、ぜひお目にかかりたいと思い書き込ませて頂きました。

こちらは、いつ訪れても見れますか?
カラフルな衣装で踊るものもあるそうですが、真っ白がいいなーと思いまして(・・;)

ゆう様 カッパドキアでは、基本的に毎日やっています。
というのも、ここのセマーは宗教的なものというよりも、むしろセマーとかメヴラーナという独自の文化を、観光客を含めて多くの人に知って欲しいという目的で行われているからです。
それでも、初めて見る人にとってはかなり興味深いものです。

会場のキャラバンサライ(隊商宿)は、なかなか夜に個人的に行かれるような場所ではありません。
私は、個人旅行でカッパドキアに滞在していましたので、現地の旅行会社に飛び込み、送迎付のツアーを申し込みました。
恐らく、他の外国人の観客も含めて殆どの人は、そのような方法で参加していたのだと思います。

ステキなトルコの旅をお楽しみください。

あだおさま

早速お返事ありがとうございます!
なるほど!現地で申し込むのですね…。
海外にあまり慣れていないので、私にできるか非常に不安です…(>_<)
当日に行っても大丈夫でしょうか?

ゆう様
トルコへは、ツアーでいらっしゃるのですか? それでしたら、お申し込みの旅行会社に相談されてはいかがでしょう。
もし、全く個人でいらっしゃるのであれば、現地の旅行会社に予め予約しておくこともできます。
カッパドキアは、日本人が多く出掛けますので、日本語可能な旅行会社が結構あります。
当日でも大丈夫だと思いますが、ご心配でしたら事前にご準備なさっても良いと思います。
ご滞在は、どこでしょう?
私は、ユルギュップに泊まりましたので、地元のユキツアー(日本語での対応可) http://www.yukitour.com/
を利用しました。そのときは、とても親切に対応してくれましたよ。(ご参考まで・・・)

あだおさま

返信遅くなり、すみません。
4月下旬から9日間、個人で行こうと考えています。というか、新婚旅行です( ̄^ ̄)ゞ
パムッカレ1日、カッパドキア2日、残りをイスタンブールで過ごそうと思いつつ、まだ何の手配もしていません。
カッパドキアでは洞窟ホテルに泊まりたい事と、今回あだおさまのブログを拝見して、ぜひこちらも組み込もうと思っております。移動はユースホステルのツアーを利用しようと思っているのですが、その時に旋回舞踏の事も伝えたら良いでしょうか?

あだおさま

連投すみません!
ユキツアー、サイトみてみましたところ、とても良さそうです(^O^☆♪

ゆう様
ハネムーンですかぁ!! それは、楽しみですね。
さて、ごめんなさい。私は、ユースホステルのツアーって利用したことがないので、それについてはよく分かりません。
普通の旅行会社でしたら、オプショナルツアーの手配もしてくれるはずなのですが・・・。
ゆう様は、結構旅慣れていらっしゃるようですし、直接現地と連絡を取って予約をしても、全く問題ないと思います。

あだおさま

長々と申し訳ありません。
私も人から聞いた話なので、私もまだよくわかりません。
ひとまずユキツアーさんに連絡してみました!
全然折り返しがありませんが…(゚o゚;;

またわからないことありましたら、お聞きするかも知れません…
よろしくお願いします!そしてご親切にありがとうございます(^O^☆♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セマー/旋回舞踊:

« 気球に乗る | トップページ | 洞窟ホテル »